FXガイド.jp
dmm
トップページ » 通貨の特徴 » 南アフリカランドについて | FX(外国為替取引)比較

南アフリカの南アフリカランドについて

南アフリカランドは、南アフリカ共和国の通貨になります。南アフリカ共和国は国家としてはまだまだ成長の初期過程にあり、失業率や物価の動向も安定していません。 南アフリカ共和国には、

世界一を誇る潤沢な天然資源

があります。これらを用いて、資源輸出国として、

政策金利を高く設定

し外貨獲得を目指しています。 しかしながら、先出のような国内の経済事情により

取引通貨量も少なく、

またその根魚気持ち安定しない


ため、投資家などからは

リスクの高い通貨とみられています。

南アフリカランドを左右するもの

南アフリカランドは、天然資源に恵まれていますが、特にその

鉱物資源

は豊富な採掘量を誇り、

金やダイヤモンド、プラチナ

などは、他の追随を許しません。また、資源産出国であるために、オーストラリアドルやカナダドル、ブラジルレアルなどと同様に、

その値動きは資源市場の相場に影響を受けます。

また、

近隣諸国の政治的な不安も相場に影響しますし

南アフリカ共和国自体の治安情勢も決して良いとは言えず、取引量が少なく投資家の思惑も色濃く出てしまいます。 このように不安定感が強い南アフリカランドですが、影響要素には傾向があります。 まず、南アフリカにおける主力の天然資源となると金ですが、その

金相場には大きな影響要素

です。特に

ニューヨーク市場とロンドン市場の金相場は注目

するべきでしょう。 つぎに、

南アフリカの政策金利の発表

です。中央銀行である南アフリカの準備銀行ですが、その発表は相場に大きな影響を与えます。この政策金利の発表は、予測がしにくく、市場の読みと違った場合には、相場が乱れることが多くなります。

政治状況治安情勢

なども、相場に影響します。

近隣国家の紛争移民の流入問題

などもあり、国家情勢に関わる事柄も多いので、

常に鮮度の高い情報やニュースを把握しておく必要があるでしょう。

投資家の思惑や動向

も影響要素になります。

他国の経済指標の発表

が波及し南アフリカランドも動く事があります。また、流通量が少ないため、

投機目的の為替操作が行われる可能性

があるので、常にその動向には注目しておきましょう。

南アフリカランドで投資取引を考える

南アフリカランドでは、その

金利の高さ

を見逃すことはできません。特に

日本円の低い金利は相性が良いと言えるでしょう。

しかし、為替レート自体に不安定感が強いので、長期間保有を考えるのであれば、

取引業者によるロスカットには注意が必要です。

Top