FXガイド.jp
dmm
トップページ » あなたのトレード方法 » 取引スタイルの種類 | FX(外国為替取引)比較

あなたにピッタリの取引スタイルはどれ?

FXをはじめてみようと思っていらっしゃる方へ。 利用するFX業者選びを始める前に、ぜひとも考えていただきたいことがあります。それは“自分に合った取引スタイルはどれか”ということ。

どのような方法でFX取引を進めていくか… まず何より先に、この点をシッカリと自分の中で決めてしまいましょう。 そうすることで、「自分に合う業者選び」や「取引の実践」がぐっとスムーズになりますよ!

自分にピッタリ合う取引スタイルはどれ?

FXの取引スタイルには、スキャルピング・デイトレード・スイング・ポジショントレードといったものがあり、このうちのどれを選ぶかによって“ひとつの取引にかける時間や金額”さらには利用すべきFX業者まで変わってきます。 取引スタイルごとに、向いている人・取るべき戦略などが違ってくるということ!

よってスムーズに取引を進めるためには、

(投資にあてられる時間・金額などから)自分に合う取引スタイルはどれなのかを見極め、

予めどのように取引を進めていこうか計画を立てておくべきでしょう。


自分なりの取引ルールを決めておけば、無駄な取引を回避することができますし、余計なことを考えずに済むので精神的にもラクになりますよ! ではここからは、各取引スタイルの特徴を簡単にみていくことにしましょう。

【スキャルピング】

スキャルピングは、数秒~数分という極めて短い時間で売買を行う“超”短期取引。 相場の“短い一定期間のあいだは一定方向に動く”という習性を捉え、

操作性・約定力の高いシステムを使用して 1日のうちに何度も小さな取引を繰返すスタイルです。

1回の取引で得られる利益は少なく、すぐにポジションを解消するため金利による利益も得ることはできませんが、この方法でなら、

相場全体の動きが悪い時でも安定的に取引を続けることが可能。

また、非常に短い時間で売買を行うため、

中長期取引のように“相場の急展開に巻き込まれるリスク

(例えば…寝ている間に相場が反転し、起きたら大きな損失を抱えていたといったリスク)”がない


のが特徴です。

なお、このスキャルピングは、ある程度時間に余裕のある方向きの取引スタイル! チャートを常にモニターし、相場の動きを捉えながら1日に何回も取引を繰返す必要があるため、投資に費やせる時間に限りがある方には不向きだと言えるでしょう。

【デイトレード】

デイトレードは、その名の通り1日単位で取引を進めていく方法。 たてたポジションは基本その日のうちに決済してしまうというこの手法は、FX投資家のなかで最も高い人気を誇る取引スタイルです。

デイトレードには、心をしっかり持っていないと実践が難しい(「もう少し待ったらもっと稼げるかも…」などという欲に負けてしまうと判断力が鈍る)という側面があります。 ですが、損切りルールを明確に決めるなどして

“機械的に売買すること”

を心がけていけば、非常に効率よく取引を進めることができる手法だと言えるでしょう。 さらにスキャルピング同様に保有時間が短いことから、

為替変動に巻き込まれるリスクが少なく

ズルズルと含み損を抱え続けることになる事態を避けられるというメリット

もあります。 また、これは多くの人が実践している一般的な取引スタイルなので、どこのFX業者においても取組みやすいのが特徴! サラリーマンや主婦の方の副業にもオススメです。

【スイング】

スイングは、中期取引にあたるもの。 相場の“波”を捉え、数日~数週間ほどのスパンで取引を行うスタイルです。 相場のトレンドを意識するこのスタイルでは、(相場の小動きに注目する取引スタイルを選択した場合と違い)ずっとパソコン画面に張り付いて

相場動向をチェックし続ける必要がないのがメリット。

そのため、投資のために時間を割くことが難しい方、毎日相場チェックをするのが面倒だという方にとっても取組みやすいスタイルだと言えるでしょう。 ただし、相場の流れをうまく掴まないことには、このスタイルでの取引は成功しません。 よって、この取引スタイルを選ぶのであれば、

まずは、経済や相場分析に関する勉強を!

【ポジショントレード(スワップ)】

スキャルピング・デイトレ・スウィングで狙うのは「為替差益」。 ですがFXには、為替差益の他にも狙える利益が存在します。 それは

「スワップポイント」!

スワップポイントとは、通貨ペアにおける「金利の差額」のこと。 主にその金利差を狙って行う長期取引を、ポジショントレードといいます。 この手法は、低金利通貨を売って高金利通貨を購入・保有するというもの。

その金利の差額分が利益

となります。

(例えば、金利1%の通貨を売り金利3%の通貨を購入すれば、差額分にあたる2%差額をスワップポイントとして受け取れる計算です)。

この取引スタイルには、(相場トレンドの急変・金利の下落が起きてしまうと損をするリスクがあるものの)「外貨預金」に似て

比較的安定した取引

ができ、しかも銀行での外貨預金に比べて

“取引コストが断然安い”

というメリットがあります。 よって「まとまった資金はあるけれど、日々相場の動向をチェックして売買を行うのは面倒だという方」や「お金をただ寝かせておくのは勿体ないけれど、積極的に投資をする時間はないという方」にぜひ試していただきたいスタイルだと言えるでしょう。

1番合うものを“1つ”選ぶ

このようにFX取引には、異なった魅力を持つ複数のスタイルが存在します。 そのため、目移りしてしまうかと思いますが、初めのうちはご自身のライフスタイルや好みに1番合うものを“1つ”選んで取組んでください。 先述の通り、

取引スタイル毎に取るべき戦略等が変わるため、

取引スタイルをコロコロ変えるのは(ビギナーのうちは特に)賢明とは言えないのです。

ただ、そもそもどのスタイルが自分に合っているのか判断できないという方も多いはず…。 そうしたときには、多くのFX業者が提供している

デモ口座

を使ってみましょう。 本取引と同じ環境を無料で体験できるデモ口座を使い、そこで色々な取引スタイルを試してみるのです。そうすれば、自信をもって自分に合った取引スタイルを選ぶことができるようになりますし、落ち着いて本取引に挑めますよ!

Top