FXガイド.jp
dmm
トップページ » テクニカル分析とは » テクニカル分析 | FX(外国為替取引)比較

テクニカル分析を利用する

FXは外国為替市場の為替レートを対象にして投資取引を行います。この為替レートの値動きにはいろいろな要素が絡んだパターンがあり、これを分析して値動きを予測することを

「テクニカル分析」

と言います。 主に、

計算式などを使ったツール

や、

過去の値動きを図表化したチャートという図

で分析を進めていきますが、チャートにはたくさんの種類があり、なにを分析するかによってその用途も違ってきます。

テクニカル分析は大きく2つに分かれている

テクニカル分析に用いるツールやチャートは、用途に合わせて無数に存在しますが、それぞれを大きく分けると、二つの系統にまとめられます。

【トレンド系】

トレンド系と呼ばれるチャートは、主に相場がどちらに動いていくのだろうか、という

方向性を分析するために用います。

代表的なものには、日々の終値を追っていく

「移動平均線」、

この移動平均線を元に値幅の予想線を取った

「ボリンジャ―バンド」

などがあり、系列の特色としては、比較的長いスパンの予測を立てるときに用いられます。

【オシレーター系】

もう一つはオシレーター系と呼ばれていて、相場の全体の雰囲気、売られ過ぎの傾向がある、買われ過ぎている傾向がある、などのいわゆる

相場の強弱を判断することができるものです。

代表的なものに為替レートの上昇や下降の幅を基準に判断をする

「RIS」

があります。まず基本として、外国為替市場の為替レートは、需要と供給の原理から、

売られ過ぎると買い戻しが始まり、買われ過ぎると売り出される、

という傾向があります。この相場の気配の強弱を読んで分析をしていくのがオシレーター系になります。 しかしながら、相場の流れが極端で一方向に進んでいく場合などは、値幅自体が取れないので判断ができなかったりすることもあります。

テクニカル分析は包括的に

テクニカル分析に用いられるツールやチャートには、トレンド系にしてもオシレーター系にしても、それぞれのメリットデメリットが存在しますので、

単独で用いることは避けた方が良いでしょう。

できる事なら複数の物を用いて、多角的に分析を進めるのが効果を上げると思います。


トレンド系を用いれば値動きの方向が判断できますし、オシレーター系であれば短期間の予測から、注文を立てるポイントを探ることができるのです。

まずは実戦をしてみる。

最近は、取引ツールソフトの中にこれらのチャートなどがあらかじめ用意されています。取り引きをしているFX業者によっても、用意されているツールやチャートに差がありますが、基本的にはどの業者でもおおよその系統と種別はそろっていると思います。テクニカル分析とはどういう物かが理解出来なのであれば、

まずはとにかく使ってみることが大事です。

使ってみて、それが自分の投資スタイルにあっているのかを判断し、少しずつ絞り込んでいくのが良いでしょう。ただし、初めの頃に、一度にたくさんの種類に手を出してしまうと混乱しますので、

まずはそれぞれの系統から一つづつが良いと思います。

Top