FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » レバレッジとは | FX(外国為替取引)比較

FXの最大の武器「レバレッジ」


レバレッジとは

FXは「margin Foreign eXchange trading」の事で、

外国為替証拠金取引

と言われます。 つまり、

通貨の為替相場の変動を使って、その為替差益を求めていく投資取引になります。

それだけであれば、通貨を単に売買していけばよいという事になりますが、FXにはそれをより効果的にする仕組みが用意されていて、それが

「レバレッジ」

となります。 レバレッジは英単語でLeverageとなり、てこの力てこの装置の意味になります。 馴染みのある言葉では、ドアなどについているレバーがこの単語の元になっていて、これを動作させることから、――をする、という接尾語がついて、レバレッジとなっています。

小さな力で大きなものを動かす

通常、てこ、つまりレバレッジは、小さな力で大きなものを動かす、という事になりますが、FXでは、このレバレッジは、

小さな投資資金でたくさんの通貨を運用できる、仕組みになります。

例えば1ドル100円で取り引きが行われている状況があるとします。 この状況で1万ドルを買おうと思うと、

100万円の資金がが必要

になりますが、

レバレッジを10倍にして1万ドルを買った場合、10万円の資金ですむのです。

もちろん、このレバレッジの倍率は投資家の任意で決めることができるので、1倍に設定すればそのままの値段で運用することも可能です。 しかし、多くの場合、

為替レートの値幅の動きは小さく、

米ドルと日本円の通貨の組み合わせで、

一日の値動きは1円から2円ほど


になります。 仮に10万円を用意して取り引きをしたとしても、一日の利益はわずかに千円から2千円程度になり、手数料などを差し引かれれば、

ほとんど利益は残らなくなってしまいます。 しっかりとした利益を目指すのであれば、

やはりこのレバレッジを使っていくことが大変に有効なのです。

このレバレッジの倍率の大きさは業者によってさまざまに違います。 国内の業者では規制により最大25倍までとなっていますが、この国内規制の影響を受けない

海外では、数百倍のレバレッジ

を提供している業者も存在します。

レバレッジのリスク

このように、FXの要とも言っていいレバレッジですが、これを使用することで大きな利益をもたらす反面、

大きな損失を被ってしまう可能性も出てきてしまいます。

例えば、先ほどの1ドル100円で取り引きされているドルを、実際に投資する金額を5万円にし、これに

レバレッジを20倍をかけて100万円

に大きくし、この資金を元に1万ドル分のドルを買う事にします。 為替レートが動き1ドル110円になれば、5万円の投資で10万円の利益が出ますが、もしこの為替レートが

1ドル90円

になったらどうでしょうか。

1万ドル分の通貨は、90万円の価値

に下がってしまうために、

10万円の損失が出てしまうのです。

レバレッジとは、先の説明の通りにあくまで「てこの力を使う」という仕組みですので、利益を得るのと等しく、損失も招き入れるのです。

実は、FXという投資取引の難しさの一つは、このレバレッジの倍率の調節にあります。

この両刃の剣を上手く活用できるか、活用できないかによって、大きな利益を掴んで成功していく投資家もいれば、あっという間に自己資産を失って、投資の場から去っていく投資家も大勢いるのです。

リスクを避けるには

使い方を間違うと、大変恐ろしいレバレッジですが、FX取引業者も黙って顧客が資金を失っていくのを見ているばかりではなく、その大切な資産を守るために、

「マージンコール」「ロスカット」

という仕組みを用意しています。

【マージンコール】

FXで口座を作り、実際に取り引きを始める場合には、証拠金を取引業者に預けます。 この証拠金に対して、投資家が保持している通貨のその時点でのレート換算での価値である評価損益が、一定の割合に達すると、その資産を守るために取引業者が動きはじめます。

まずは

マージンコール

がおこなわれ、預けている証拠金に元本割れの危険が出ているために、

証拠金を追加するか、保持している通貨を決済するか

の判断を告知してきます。 なお、マージンコールが出ると、新しい注文を立てることができなくなります。

このマージンコールが掛かったら、

投資取引の状況はかなり良くない方向に進んでいますので、対策を考える必要が出てきます。

【ロスカット】

さて、このマージンコールによっても顧客の取引状況が改善されず、保持している通貨の為替レートも好転せずに、評価損益の悪化が進んでいくと、取引業者は顧客に対して

ロスカット

を行います。 これは、

その時点で保持している通貨を、取引業者が強制的に決済をする仕組み

で、この時点で資金にマイナスを負ったまま取り引きが終了してしまうのです。 その先に、為替レートが好転する要素があったとしても、そこで取り引きは終わりになり、

その時点での損失は証拠金から支払われる形になります。

【レバレッジの取り扱い】

そうならないためにも、充分な注意が必要になりますが、このように、レバレッジには、少ない投資で利益を掴める可能性もあれば、少ない投資で多くな損失を負ってしまう可能性も同在しています。 ですので、レバレッジの取り扱いには常に細心の注意を払い、必要のないときにはレバレッジ倍率を低くおさえ、

しっかりとした分析と、余裕のある資産、冷静な精神状態の時にのみ、

高いレバレッジ倍率を使って勝負をしていくこと


が、ハイリスクハイリターンであるこの仕組みの、ハイリスクな部分を少しでも抑える使い方だと思います。

また、取り引きのスタイルによっても、高いレバレッジが向いていないものがあります。 例えば通貨の金利差であるスワップポイントを求め、

長期間にわたって通貨を保持する場合

です。 通貨を保持する時間が長ければ長いほど、為替レートの変動が大きくなる可能性が高くなるので、マージンコールやロスカットの対象になる危険も増えるのです。 逆に、短期間の取り引きを何回も繰り返していくような投資スタイルであれば、

積極的に高いレバレッジを用い、相場が下がりそうであれば、

すぐに決済をして損失を抑え込んでいくことで、ローリスクハイリターンも実現できるのです。


いずれにせよ、まだ投資取引歴が浅いうちは、レバレッジも利益も損失も小さくするようにして、何度も実戦を経験していく事が大切でしょう。

Top