FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » 業者が倒産した場合 | FX(外国為替取引)比較

FX取引業者へ預けた資金の扱い

FXで取り引きを行う場合には、必ずFX取引業者へ証拠金などを預けますが、取引業者が倒産などした場合には、預けている資金どのようになるのでしょう。現在では金融商品であるFXへの注目も集まっていますので、提供する企業や証券会社も大手の台頭が見られて安心な状況にはなっていますが、それでも心配は尽きません。 まず最初に、

FX取引業者は法律によって、顧客資産と自社資産を分けて管理する義務を負っています。

その一つが

信託保全

という方法です。

安心度の高い信託保全

顧客と自社の資産を分けて管理することを分別管理と言いますが、これについては何らの監視がないため、分別管理を謳っていても、実質的に顧客の資産を使い込んでいるという可能性も否定できないのです。 その点、信託保全を行っている業者であれば、信頼を置くことが出来ます。 信託保全は非常に安全の高い仕組みで、

顧客の証拠金を、FX取引業者が信託銀行などに預けるというもの

になります。正確に言えば、受託者である信託銀行が、FX取引業者より「財産権」を受託し、

その財産は受託者である信託銀行が一律管理をすること

になります。これにより、万が一FX取引業者が経営を破たんさせたとしても、裁判所から任命された信託管理人が、

顧客に対して責任をもってその財産である証拠金を返還するのです。

もちろん、信託保全であれば、顧客の支度金や資産を、自社資産として使うことはできないのです。

信託保全のあれこれ

信託保全には、

完全信託



一部信託

があります。

完全信託は全額信託保全、または完全信託保全と呼ばれており、

顧客の証拠金の全額を信託保全すること

を指します。

また、一部信託は、顧客の証拠金から、FX取引を円滑に行えるようにするために、

FX取引業者の取引先の金融機関へ預ける担保金の額を差し引いた後の残高を信託保全すること

を指します。FX取引業者が経営破たんした場合、全額信託保全、または完全信託保全であれば、安全と安心が格段に増えていきます。

保全の確認は週ごとなのか

日ごとなのか


も確認すべき項目です。 証拠金の金額は為替レートの変動などにより、秒単位で残高が変動しています。このようなことから、

信託保全の残高確認は、短いサイクルで確認と更新を行われていた方が、安全で安心

という事になります。為替レートの変動が目まぐるしいFXにとっては、この確認更新が日ごとなのか、週ごとなのかにより、その安全性は大きく変わっていくのです。 また、

保全は証拠金の金額だけか

未実現損益を含んだ金額なのか


も確認事項です。 完全信託でも、保全金額に違いがある時があります。

保全してくれる金額が証拠金だけの場合

と、証拠金に、保持していた通貨の評価損益と金利差であるスワップポイントに相当する分、つまり

未実現損益を含んでいる場合

です。

スワップポイントを狙って長期間で通貨を保持している場合は、

未実現損益を加味してくれるタイプが安心です。

Top