FXガイド.jp
dmm
トップページ » 失敗の検証 » 余剰金でFXを | FX(外国為替取引)比較

借金厳禁!余剰金でFXを

FXで大失敗してしまう方の典型的な例として、

生活に必要な資金を投資金として使ってしまうこと

にあります。生活資金だけでなく、借金をしてまでFXを行い結局返済できなくなった例もあるので、まずは

借金は絶対にしないと堅く決めておきましょう。

そもそもお金を増やすためにはまとまった元手があるにこしたことはありませんが、それは元本がしっかりと保証されている取引に限ってです。 FXでは、失敗した分資金は減ります。レバレッジを最高倍率にして勝負に出てしまい、そこで失敗すると損失を取り戻すのは至難の業です。 ですから、

FXをするなら生活資金や貯蓄分を除いた余剰資金を使って行うことです。

生活費には絶対手をつけてはいけません。必ずメンタル面でのリスクコントロールを行いましょう。使い道が決まっている貯金や生活費は、絶対手を出してはいけません。そして借金は絶対にしない。FXに利用できる余剰資金がなくなったのであれば、

一旦取引をやめて余剰資金ができるまで待つようにしましょう。

ちなみに、FXで利益が出るようになると専業トレーダーになりたがる人が多くいますが、これはあまりお勧めできません。定期的な収入源を確保してこそ余剰金でFXができるわけですから。

簡単に始めない、自己流スタイルはリスクあり

FXを始めても周囲の人には言わず、とにかく

自己流で取引して失敗してしまうケース

も少なくありません。周囲に言わない心理の裏にはおそらく失敗した時にFXなんかやるから、と責められるのをこわがっているのでしょう。しかし、何か窮地に陥ったときFX関連の相談をできる人が周囲にいるのといないのでは大きく違います。 FXを始めようとしている方は、安易にチャレンジせずに

FXを始めることを周囲に伝えても問題ないよう知識をつけておくことが大切です。

Top