FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引を有利にするあれこれ » 年間利益率 | FX(外国為替取引)比較

年間利益率20%越えを考える

FXの関連商品では、よく

年間の利益が100%、200%になる方法

などと銘打たれた情報商材が売られていることがあります。

年間の利益が100%

というのは、

1年間で元の資金が2倍になる

という計算です。 年間利益率100%を3年間続けるとしたら16倍10万円の資金は160万円になります。 これ年間利益率を5年間継続してキープすると64倍で、10万円は640万円になります。 さらに10年間続ける事ができれば1024倍になり、10万円が1億円を超えることになります。

ところが、そうした人をあまり見かけないのは、1年で利益率100%を超えるような投資をすることはできるのですが、

それを持続し続けることは難しいからです。

20%増と20%減は、意味が全く違う

資金が20%増えた、20%減った、数字では上か下かに20%動いただけになりますが、資産運用という所から考えると、この2つは全く意味が変わります。

例えば100万円の資金があったとし、20%の損失をすると、この資金は20万円減って80万円になります。これを

100万円に戻すためには、20%の補填では足りない

のです。 80万円を20%は16万円ですので、これを80万円に足したとしても96万円にしかなりません。 簡単な計算になりますが、80万円の資金を100万円に戻すためには、20万円が必要になり、

20万円を80万円の資金で作り出すには25%の利益率が必要

なのです。 仮に50%の損失が出てしまった場合は、リカバリーに100%の利益が必要になります。 こうした事から、毎回の取り引きの勝率を上げるのでも難しいのに、年平均で100%を維持し続けることなど、到底できる事ではなく、年間利率20%を超えることができれば、どこに出ても恥ずかしくない投資家と言えるでしょう。

数字で現実を知る

FXや株などの投資取引をしていると、どうしても好意的な見方をしてしまいます。しかし、現実はそれほど上手くはいきません。1億円稼いだという話がウェブニュースになったりしますが、逆にそれがトピックスになるほど、

稀であることを認識する必要

があります。

まずは10%の年間利益率を目指して投資取引をしていくのが良いでしょう。

実際にやっていくと、それすらも難しい事だと分かるでしょう。 年間利益率10%であっても、100万円であれば10万円の利益が出ます。1000万円であれば100万円になりますので、本業があれば充分な儲けとして考えられます。 投資取引全般に言えることですが、やはり

資金が豊富にある方が、有利に取り引きを進めることができます。

FXは少ない資金で始められるところにも魅力がありますが、大きな利益を生みだしていこうと考えるのであれば、ある程度の資金を準備するのが良いでしょう。

Top