FXガイド.jp
dmm
トップページ » テクニカル分析とは » オシレーター系の分析 | FX(外国為替取引)比較

オシレーター系の分析を理解する

為替相場の過去の値動きを元に、これからの流れを分析するテクニカル分析は、市場の全体的な方向性であるトレンドを分析する

「トレンド系分析」

と、現在の市場の流れや雰囲気の強さの変化、予兆を分析する

「オシレーター系分析」

に分けられます。基本的に、トレンド系は長めのスパンオシレーター系は短めのスパンの予測に用いられています。 振り子の意味であるオシレーター、オシレーター系では振り子の原理の考え方を分析に用いています。この分析では、

今市場が抱えているトレンドの強さ

や、

売買への熱感などを捉えること

に特化しており、特に流れが止まっている

レンジ相場や、ボックス圏相場と呼ばれている時には、予測を立てるために非常に役に立ちます。

こうした同じ範囲を値動きが上下するような場合は、ポイントとなる値動きから振り子のように一気に反動する傾向があり、そのきっかけをつかむことに有効的だと考えられています。

オシレーター系の分析とは

オシレーター系の分析は、

オシレーター系指標

と言われることもあり、

為替市場の値動きが見合っているレンジ相場に有効

で、トレンド系のさらに細部の予測に活用されます。

オシレーター系の分析で予測できるもの



その相場の雰囲気

や、

売買の強弱

など。

その相場の値動きが始まる時期やポイント

など。

オシレーター系の分析の種類

【RSI】

相対力指数とも呼ばれるRSI(あーるえすあい)は、簡単に言うと、

その市場に参加している投資家の売買への期待感やを数値で表したもの

になります。具体的には、

過去の一定期間での値動きに対する上昇の幅を数値化してグラフにしたもの

になります。

【ストキャスティクス】

現在の相場が、買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのかを判断する事

に特化したのが、このストキャスティクスという分析になります。現在の為替レートを過去の値動きと比較して数値化し、100%に近いと買われ過ぎ、0%に近いと売られ過ぎと判断されます。

【RCI】

順位相関指数とも呼ばれるRCI(あーるしーあい/Rank Correlation Index)は、

その相場における投資家など過熱感、期待感を数値化しようというテクニカル指標

になります。これRCIを分析することにより、

市場に対して現在の価格が割高なのか、割安なのかを判断することができます。

【サイコロジカルライン】

サイコロジカルラインとは、為替レートが前日よりも高い日と低い日を比率で算出し、

その数値から買い方向に動くのか、売り方向に動くかを判断する分析手法

になります。これは多くの投資家の、下落が続けば次は上がるだろう、上昇が続けば次は下がるだろう、という心理的な部分を数値で表したもので、それ故にサイコロジカルと名前が付いています。

Top