FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » マージンコール・ロスカット対策 | FX(外国為替取引)比較

マージンコール、ロスカットへの対策

FXで取引業者に預けている証拠金が不足になりそうな場合、業者は顧客に対して

マージンコール



ロスカット

という安全対策を行います。

証拠金の追加を求めるマージンコール

株取引や先物取引など、FX取引以外の金融商品や投資取引などでも、多くの場合は取引業者に証拠金を預けて投資が行われており、同じように

証拠金が不足になると、顧客に対して警告

が出されます。つまり、ほとんどの投資取引には適用されている仕組みなのです。FXではこれをマージンコールと言い、株取引などでは追加証拠金制度、すなわち「追証」と呼ばれ、これが発せられると、

投資の具合が悪くなっているサイン

になります。 FXでは預けている証拠金に対して、

保持している通貨の含み損失が一定の割合に達する

と、その顧客にマージンコールが通達されます。このことにより、FX業者は顧客が証拠金の元本割れを抱えてしまう危険を回避しようとします。そのために、一度マージンコールが発せられてしまうと、その取り引きによる証拠金不足が改善されるまで、

新しい注文を行うことができなくなります。

これを解除するには、

証拠金不足の状態を回復

しか方法はなく、すなわち、

証拠金を追加して割合を下げる

か、

含み損のある注文を決済して解消するか

の二択になります。 なお、このマージンコールが発せられる切っ掛けになる、証拠金に対する

含み損の割合は、取引業者によって違いがある

ので確認が必要となります。また、業者によっては

マージンコールの仕組みそのものが無い

ところもありますので、注意が必要です。含み損の割合やマージンコールの有無については、投資家それぞれの投資スタイルにもよりますので、一概に言うことはできませんが、FXや投資取引自体の経験が浅い、もしくは初めてだという方であれば、

マージンコールは行っている取り引きが深刻な損失に傾いていることを知る

一つの手段となるでしょう。

ロスカットによる強制決済の影響

マージンコールを経て、改善がなされず、また、改善をする間もなく、

保持している通貨の含み損が、証拠金の一定の割合を超えてしまう

と、ロスカットが行われます。ロスカットとは、

取引業者による強制決済で、顧客の一切の取り引きを解消させます。

マージンコールは警告になりますので、証拠金の不足を解消すれば、通常通りに取り引きを続けることができ、また時間的な余裕も考慮されています。しかし、ロスカットの場合は、

猶予はありません。

予め定められている証拠金の割合を超えると、即時に発動し、顧客の損失をその場で確定し、証拠金との相殺で拡大を防ぐのです。 ロスカットにも、発動の切っ掛けになる、証拠金に対する含み損の割合が設定されています。これは、業者によって違いがありますので、絶対に確認をし、常に頭の中に残しておく必要があります。ロスカットは、

顧客の資産を守り預かっている証拠金以上の負債を負わせないための仕組み

ですが、一度受けてしまうと、

投資資産の多くをいっぺんに失うことになり、この立て直しは大変難しく、

また精神的にも投資への恐怖感が植え付けられる


ために、極力避けるべき事象となります。

どうすれば避けられるのか。

ロスカットは本物の痛手となります。これにより、投資の世界を去る人はたくさんいます。マージンコールが出される場合はまだ良い方で、急激な為替レートの変動で、何もできず突然にまとまった資産を失うことも起こります。

これに対抗するには、

徹底したリスクマネジメント

しかありません。投資で利益をつかむためには、まず損失を徹底的に抑え込むことが先決です。

自分のロスカットのラインをしっかりと叩き込み

万が一損失を含んだ場合は、そこから回復するなどという考えを捨て、

冷静に最小限の損失を被って止める

のがいいでしょう。小さな損失なら、仕切り直して次の投資に繋がりますが、投資資金を失ってしまっては、それすらも出来なくなるのです。

Top