FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引の方法一覧 » OCO注文 | FX(外国為替取引)比較

FXにおけるOCO注文

「OCO注文」

オーシーオー注文と呼ばれ、

2つの発注を1度に出す注文方法

になります。 具体的にOCO注文とは、

2つの注文を予め出しておき、そのうちのどちらか1つの注文が確定した時点で、

もう1つの注文がキャンセルされる


という注文方法です。OCOとは

「One side done then Cancel the Other order」

の意味になります。 色々な注文を組み合わせることができるために、このOCO注文をよく理解して使いこなせれば、投資取引の戦略の幅も広がるでしょう。

例えば、新規取引の注文の場合でも決済注文の場合でも使用ですることができ、指値注文逆指値注文を組み合わせることもできます。

利益を得たいけれども、損切りもしっかりと行っておきたいという時などには、大変に有効です。

どこでOCO注文を使うか

先の通りに、投資取引の様々なシーンで活躍がすることができるOCO注文ですが、

新規注文を出した後、決済注文として指値と逆指値を同時に注文しておくこと

が多いようです。

【OCO注文の使いかた】

2つの注文を同時に出すことができる

指値注文と逆指値注文を同時に出しても構わない

利食いと損切りを一度に設定できる

損失を抑えつつ利益を伸ばせる


このような特徴があるために、決済注文を行う時には、特にこのOCO注文が有効的です。これにより、利益を確保しつつ、万が一という場合には損切りが行えます。 ずっと為替レートの動向を見ることができる場合であれば、あまり使わない注文かも知れませんが、

長時間FX取引に時間を取ることが難しいときにはOCO注文を使いましょう。

OCO注文の注意点

OCO注文を決済注文として使う場合には、注意しなくてはいけない点があります。それは

指値と逆指値の価格を間違えてしまう事

です。これを取り違えてしまうと、決済注文が逆になってしまうために、大変なことになってしまいます。 OCO注文は決済注文として利用されることが多いですが、他に新規注文と決済注文が同時に出せる注文方法もあります。注文方法を研究すると、投資スタイルに幅がでます。

Top