FXガイド.jp
dmm
トップページ » FXを始めるには » 口座開設と入金の流れ | FX(外国為替取引)比較

FXで口座を開こう!

FXで投資を楽しむためには、取引業者へ口座の開設を申し込む必要があります。 この口座に、投資を始めるための資金を預けて、そこから実際の投資がスタートするのです。

口座開設の流れ


【ステップ1:口座開設申し込み】

現在ではほとんどの取引業者がホームページを持っており、そのページ上から口座開設の申し込みをすることができます。 申し込み際しては、投資取引の口座だからと言って、特別に必要な記入事項などもなく、極めて一般的な内容になります。 まずはじめに

FX取引に関する約款への同意があり、

氏名や住所勤務先投資経験

現在の資産や準備できる投資資金の目安額

などの項目を入力した後に、

本人確認の書類をメールやFAX、郵送などで送付

してひとまず終了となり、あとは取引業者の審査を待つ形になります。

【ステップ2:審査通過】

多くの方が気になるのが、この審査の内容と、どんなことがあると口座を開くことができないのか、という事だと思います。 まず安心していただきたいことは、一般的な成人の方であれば、ほぼ問題なく審査は通ります。 残念ながら、審査の内容まではほとんどの取引業者が公表をしていないのですが、

海外に住んでいたり、

未成年だったり、

75歳以上の高齢者だったり、

本人確認書類と住所が一致しない

または書類に不備がある

等という事がない限りは、審査が通らないことはほぼありません。

【ステップ3:ログイン&入金】

審査に通過すると、自宅に取引業者のサイトにアクセスできるログインIDとパスワードが郵送で送られてきます。 多くの場合は、入力の手引き書類などが同封されていますので、その指示に従ってパソコンやモバイル端末にてサイトにアクセスをすると取引メニューが表示され、ここから実際の投資取引が始まります。

いろいろと試してみたいところですが、開設された口座へ入金を行わない事には、投資自体をすることができませんので、

まずは入金をすることが先になります。

インターネットを用い、パソコンやモバイル端末などで取り引きを行うFXは、その入金方法も高速化する事情を反映し、特別なサービスが用いられています。 クイック入金サービスと呼ばれるもので、これを利用すると

銀行などの金融機関から、ネットバンキングを介してスムーズに入金を行うことができるようになります。

このサービスはほとんどの金融機関で用意されているインターネットバンキングの契約を行えば対応可能で、銀行に振り込みに出向いたりATMなどで入金をするよりも、時間も手間もかからず、また、24時間いつでも自宅に居ながらにして手続きが行えるため、FXの取り引きの最中でも入金が可能な便利なサービスです。

口座開設完了!取引を始めよう!

このように、取引口座への入金が終われば、いつでも投資取引を始められる状態になります。 ここまでの手続きの中で、特別なことは何もありません。FXはそれほど遠い所にあるものではないという事をご理解いただけたと思います。 もし、あなたがFXに興味を持って始めたいと思うのであれば、今すぐにでも、口座開設の手続きをすることが出来てしまうのです。

Top