FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » 売り注文 | FX(外国為替取引)比較

売り注文から始めるFX

FXは2つの通貨の売買を行って利益を求めていきます。普通ですと、品物を安く「買って」、高く売ることで利益が出ますが、FXの場合は「売る」ことから始められるのです。

売り注文から始まる仕組みとは

通常は、相場の値動きが上がっていく過程で買い注文を行い、さらに上がった時点で鵜注文を行うことで、その差益を得ていきます。

FXでは値動きが下がっていく過程で売り注文を行い、

さらに下がったところで買い注文を行って利益を得ることもできるのです。


為替レートが

上昇時には、安く買って高く売る

という形になりますので、これは理解しやすいと思います。

下降時で利益を得るためには、高く売ったものを安く買い戻す

という行為する必要があります。

例えば1ドル100円のドルを1万ドル分持っているとします。これを売って円に変えると100万円になります。レートが変わり1ドル90円になりました。今度は1万ドルを90万円で買い戻します。すると、

手元に10万円の差益が残る

という仕組みです。 実はFXでは、

最初の1万ドルを取引業者から借り入れることができます。

もう少し話に前後をつけましょう。取引業者から1万ドルを借り、これを売って100万円に変え、為替レートが90円になったところで、1万ドルを90万円で買い戻し10万円と1万ドルが入るので、1万ドルを返すと、差額の10万円が残る。という仕組みになるのです。

売り注文と買い注文の違い

FXでは、売り注文と買い注文に差異はありません。どちらからも注文できますが、2つの通貨の金利差による

スワップポイントには違いが出てきます。

スワップポイントはそれぞれの通貨にある金利の差の事を表し、FXではこれを集計して損益に加えることができます。金利の安い通貨で金利の高い通貨を保持すれば利益が出て、その逆であれば損失が出ます。これは日ごとに集計されるため、

長期取引の場合は気を付ける必要

があります。

株取引の場合には、売り注文から入ることを空売りと言い、手数料を取られることがありますが、

FX取引の場合にはこの手数料はかかりません。

先のスワップポイントの副次的な効果以外に違いはありませんので、まずは売り注文から新規取引を立ち上げることを体験してみるのが良いでしょう。 何回か売り注文からの取り引きを体験すると、感覚がつかめてくると思います。

相場の予測の立て方以外

には、注文の方式も、取引ツールソフトの画面上の入力方法も、

基本的には買い注文と変わりはありません。

相場の具合が思わしくなく、下降していくシーンでも利益が出せるようになれば、これほど強いものはありません。

スワップポイントを考えに入れる

先にも少し触れましたが、スワップポイントは、異なる2つの国の通貨を売買していくことを目的としているFXには、切っても切り離せないものになります。通貨にはそれぞれの国が定めている

公定歩合

があり、それによりそれぞれに異なった金利があります。

金利の低い通貨で、金利の高い通貨を買えば、その差益を受け取ること

ができます。 逆に、

金利の高い通貨で、金利の低い通貨を買ってしまうと、金利差の計算がマイナス

になってしまい、その場合は

マイナスのスワップポイントを支払うという形で処理しなくてはならないので注意が必要です。

FXの取り引きで、売り注文を出して買い戻す、という場合には、このスワップポイントも頭の中に入れておく必要があるでしょう。余談になりますが、

日本の通貨の金利は、世界の各国に比べると極端に安い

ので、このスワップポイントを求めて長期の投資取引を狙うのであれば、常に有利ですし、特にオーストラリアや南アフリカに代表される

資源産出国の通貨は、常に金利が高い

ので、組み合わせとしては大変に有効だと思います。

買い注文と売り注文の傾向

相場の流れから考えると、買い注文で新規取引を立てるよりも、

売り注文で新規取引を立てた方が、勝ちやすい

と言われています。これは、相場の傾向に基づくもので、投資家としての経験が長ければ長いほど、より実感できることのようです。その傾向とは、相場は上昇していく場合よりも、

下降していく場合の方がその時間が短いから

になります。 相場の流れを見続けていると、それが見えてくると思いますが、為替レートが上がっていく時は、細かい上下を繰り返しながら数日を掛けてじっくりと上昇していきます。しかし、下がる時はあっという間に下落していくのです。このことから、売り買いの注文自体は一緒ですが、相場を絡めて考えると、売り注文の方が有利と言えるでしょう。

熟練の投資家の中には、売り注文からしか新規取引を行わない投資スタイルの人もいるというほどで、つまり、下がっていく為替レートを掴まえて取り引きを行う事は、そこに大きなチャンスが潜んでいるという事になります。しかし、日ごろから品物を買う生活に慣れている場合は、

高く売って安く買い戻す

という仕組みをなかなか頭の中にしみこませることができません。 こうした考えが日々の生活の中にあるのは、商売をしていたり、仲買をしている人たちだけかもしれません。しかし要するに、

慣れ

です。まずは売り注文からの新規取引を何度も経験し、その術を身に付け、売り買いの両方の注文を自在にこなせるようになれば、上昇するレートでも、下降するレートでも、利益を掴むチャンスに恵まれるでしょう。

Top