FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » ポジションと決済 | FX(外国為替取引)比較

通貨を保持し、決済する

FXでは、2つの異なる通貨を売買して、その為替差益を求めていくのですが、そのメインとなる行動は、通貨を保持することと、保持した通貨を決済することになります。

ポジションを持つ・取る

通貨を保持することを、ポジションを持つ、ポジションを取るなどと言ったりします。 FXの取り引きはこのポジションを取るところから始まります。 まずは、取り引きを始める最初の注文である

新規建て

を行います。この新規建ての注文が約定されると、

ポジションを取ること

が出来ます。 例えば、日本円と米ドルで取り引きをするのであれば、

円を支払ってドルを買うことを新規建て、

そうして注文が確定してそのドルを保持していることを、ポジションを持っている

と言います。この場合は円でドルを買っているので買いポジションと言われます。 逆に、このドルを売って円を手に入れることを売りポジションと言います。 ポジションを取っているという事は、多くの場合、その通貨の価値の変動を待っているという状態です。

利益を確保するための準備段階であると同時に、損失を被る可能性もあるために、

充分に為替レートに集中しておく必要があります。

決済する

買って始めるにせよ、売って始めるにせよ、

その新規建てした注文の反対の注文をし約定させることで、利益、もしくは損失が確定します。

また、この反対注文を入れるまでは、為替レート上にでる利益も損失もただの評価価値であり、よく、利益を含む、損失を含むなどと言われます。 つまり、どんなに大きな利益が出ていても、大きな損失が出ていても、

それが確定されるまでは、新規建てをしたばかりの状態と、なんら変わりがないのです。

そして、この反対注文が約定し、利益や損失が初めて確定することで、

ポジションが解消され、決済がなされ、

一定の事務処理の時間の後に、

自分の口座の残高にその結果が加減算され反映

されていくのです。

なお、この決済は、保持しているポジションの全部でも、一部だけでも行うことが出来ます。 取引業者の扱っている取引ツールソフトにもよりますが、そうした部分もツールがフォローをして行ってくれたりしますので、例えばデモトレードのサービスを使って、どんな注文方法が出来るのかなども試しておくと、いざというときに慌てなくてすむでしょう。

余談ですが、この決済によって利益を獲得することを、

利食い益出し利確プロフィット・テイク

などと呼び、損失を被ることを、

損切ロスカットストップロス

などと呼んでいます。 様々な呼ばれ方をしますが、意味合いは同じになります。 リスクは小さくリターンは大きくが投資の基本になりますので、時には積極的に小さな損失を取り込んで、チャンスが巡った来た時には、きちんと決済をきめて利益をつかんでいきましょう。

Top