FXガイド.jp
dmm
トップページ » トレードに役立つ情報を集める » FXのキャンペーン | FX(外国為替取引)比較

FX会社が実施するかなりお得なキャンペーン

現在FXを取り扱う会社は多く存在しており、各社とも差別化を図るために様々な工夫やサービスを提供しています。その中でも、顧客である利用者がお得な恩恵を受けられる

口座開設キャンペーン

がどこの会社でも実施されています。具体的にはどのような内容になっているのでしょうか。

FX口座開設!充実の現金還元キャンペーンとは

インターネットが当たり前のように一般家庭に普及したことで、プロフェッショナルではなくても、誰もが投資取引ができる環境になりました。 けれどパソコンは持っていないから・・・ならば次はパソコンに変わるスマートフォンの台頭です。スマホ画面上で株価や値動きの状態がリアルタイムに表示される機能性の高い取引ツールを提供する証券会社も増えています。このように「個人投資家」として投資に参加する人は年々増加しているわけです。 投資取引といっても

深い知識や戦略が必要となる投資

もあれば、

比較的手軽に始められる取引

時間に融通が利く取引


など様々です。

個人投資家が始めやすい取引と言えばやはりFXでしょう。

特にFXには充実したキャンペーンが多いことでも知られています。株の取引で比較してみると、株式口座を開設しても証券会社が実施するキャンペーン内容といえば1万円程度のキャッシュバックといったところです。 しかし、FXでは口座開設の際に

最大10万円以上のキャッシュバック

といった桁違いのキャンペーンを実施している会社も珍しくないのです。(もちろん条件はありますが)これなら複数社に口座開設を行い、

キャンペーンの恩恵を受けるだけでもサラリーマンの月収位

になってしまうかもしれません。 このようなキャッシュバックキャンペーンは一時停滞していたのですが、円安傾向の流れを受けて再び復活しつつあります。中には目をひくような派手なキャンペーンを展開するFX会社もありますので要チェックです。

大きなキャッシュバックが実現できる理由

さてキャッシュバックキャンペーンが前面に押し出されているFX会社の狙いとは一体何なのでしょうか。 まず一つはテレビやCMといったメディア関連に出す広告よりも、

キャンペーンで興味のある人をターゲットにし、注目を浴びる方が断然有効で効果がある

ということにあります。 そもそも投資という行為に対するイメージは、時代が移り変わった現代でさえも「働かずして所得を得る」行為と変わりなく、

どうしても後ろめたさがあるような「良いイメージ」とまではいかない

のが現状です。こういったイメージを持つ人はまだまだ多いのです。 これは日本独特の文化や社会慣習でもあるのですが、まじめに日々汗水たらして働くことが良しとされている、日本全体でそれを体言することが経済成長につながり高い水準で生活できるようになるのだ、といった気質が根付いていることにも通じています。 昔からある日本人独特の気質、社会慣習を変えることは非常に難しいことですし、これが間違ったことではないので否定することもできません。

メディア関連に広告を出す場合、膨大なコストがかかるのは必須。しかし他の業種と比べると

広告を露出してもそれほどかかった費用に見合う効果が得られない

のが投資関連なのです。逆に働かないでお金を得るなんてどうなの?・・・といったような悪い印象を植えてしまうことにもなりかねません。 そこで投資に興味がある人に対象を絞り、キャッシュバックキャンペーンと銘打った宣伝方法を取ったのが現在のFX会社なのです。 また、

SNS

の流行に乗ってライバル的にキャンペーンの情報が広がりやすくなるのも高い宣伝効果を出す一種の方法とも言えます。 更に

FXという取引が相対的なもの

であることが挙げられます。投資家たちに掲示されているレートはインターバンク市場のレートと差異があります。この差異がFX会社の利益となるわけです。スプレッドやスワップポイントは別物となりますが、基本的にはBIDもASKも市場から同じ分のみの差異があるだけなので、投資家たちが不利になることはありません。 FX会社が一人でも多くの顧客を集めようと考える理由は、

キャッシュバックといったキャンペーンでコストをかけても多くの顧客を引き寄せ、

取引をしてもらうことです。


顧客の数が多くなればなるほど、その会社を通じて行われるFX取引の母数が増え、そこに生じる

手数料によって会社が得る利益が増えていく

からです。いくら桁違いのキャッシュバックキャンペーンをしたところで、キャンペーンは一回きりの限定がほとんど、対して顧客となった投資家は、その会社を通じてFXをずっと続けていくことになるのですからFX会社にとってはあとは利益を得ていくのみの構造ができるのです。

キャッシュバックは継続されるのか?

顧客である個人投資家にとっては額も大きくお得なキャッシュバックとなりますが、実は

企業にとっては安価で効果的な宣伝費用

になります。さてこういったキャッシュバックは今後も継続されるのでしょうか。 FXは投資の業界においてもまだまだ先進途上にあると言っても間違いではありません。そのため法律規制などが追いついていないので、レバレッジの規制や信託保全の義務化など、今後もあらゆる方面で

規制が強くなる傾向

が考えられます。 規制が強くなることで投資家の大切な資産が守られる強度は増しますが、その一方ハイリスクハイリターンの

冒険的な取引を好む方にはFXの魅力が半減

してしまうのかもしれません。 そのような流れは、

キャッシュバック減少などのように現れてくるでしょう。

またキャッシュバックキャンペーンは限定的なものが多いのも事実です。 それでも近い将来、金融に関する知識が深まる教育がもっと進み、投資に対するイメージや基本的な考え方が変わっていけば金融取引も増えてくることでしょう。金融取引における経済の活性化も期待できますし、このような風潮が進めば投資家たちも背中を押される形で追い風傾向になるはずです。 自然に個人投資家が続々とFXに新規参入してくるような流れが進めば、FX業界もますます活性化し潤います。

他社との競争も激化してキャンペーンが限定的なものではなく、長期化することや継続されることもありうるでしょう。

キャッシュバックを複数回得られる裏技?

数万円もの大きなキャッシュバックがもらえるFX会社のキャンペーンは少なくありません。但し、口座の開設だけですぐにキャッシュバックとなるわけではなく、いくつか条件が課されることがあります。 ちなみに、

口座を開設するだけで数千円がゲット

できることもありますので、ちょっとしたアルバイト代にはなるかもしれません(!?) キャッシュバックを効率よくもらうには裏技的ななものがありますが、これは

ギリギリのラインで約定しそうな取引をすることで実現できます。

まずキャッシュバックを得るために課された条件で、

「資金ロック要件無し」のFX会社を選択

します。口座開設したら投資金を入金して

注文を出し、2倍から3倍程度のレバレッジで取引

を行います。 ギリギリのラインで約定ができそうなオーダーとは、

現在1ドル109円のレートが107円になるくらいを基準

とすることです。プロの投資家たちが仕掛けることにより、

為替の急変動がたまに起こることがありこれを狙い目として取引するのです。

指値についても毎日の見直しによりレートが変動すると同様に変えていきます。


無事に約定することができたら、その後すぐに値が戻っていることが多いので、あとは

ポジションのクローズを行えばよいだけ

です。 口座にある資金について拘束期間が過ぎれば出金できるようになるため、一部の資金を外に出しそれを利用して他のFX会社の口座を作ればまた更にキャッシュバックが利用できることにもなります。 もちろんこういった事を避けたいFX会社ではキャッシュバックに課す条件を

「一定期間出金できない」

とするわけですが、この条件が課されているFX会社の口座開設は後回しにすることで、複数社からキャッシュバックが受けられる仕組みになります。 すべての額を出金しない理由の一つは、

全額なくなるリスク回避のため

です。投資はあくまでもリスク0ではありませんので、ギャンブルのように冒険するだけではなくしっかりと管理することも大切、特に初心者の時は注意しておくべき点です。

Top