FXガイド.jp
dmm
トップページ » あなたのトレード方法 » スワップトレード編 | FX(外国為替取引)比較

「ポジショントレード(長期取引)」:特徴と口座選びのポイント


ポジショントレードとは?

ポジショントレードとは、

数週間~数ヶ月といった長いスパンで売買を行う取引スタイル。

場合によっては、数年という非常に長い期間にわたりポジションの保有を続けることもあります。 この長期取引は、(為替差益を狙う短期・中期取引と異なり)主に通貨間の金利差である

「スワップポイント」の獲得

を目的として進めていくのが特徴。 大きな相場トレンドを捉えながら行うこの取引手法ならば、頻繁に売買を繰り返す必要がないため、忙しい人でも取組みやすいといえるでしょう。 なおかつ、目先の相場動向をいちいち気にする必要がないことから、(相場の小動きに振り回されて一喜一憂することがなく)

精神的に落ち着いて取引しやすい

のも大きな魅力! これは、比較的安定的に資産運用できる取引スタイルだと言えます。

ただし、

トレンドの向きが急変すると、大きな損を被るリスクがある

のも事実。 また言うまでもなくトレンドを読み誤れば損失を出すことになってしまいます。 ですから、ポジショントレードは、ストップロス機能を活用・レバレッジを低く抑えるなどして、リスクコントロールを意識しながら進めていきましょう。

ポジショントレード向け戦略


【スワップ戦略】

レバレッジは極力低く抑えておくこと

・ある程度まとまった資金を用意すること

スワップポイントの獲得が狙える通貨ペアを選ぶこと

・目先の相場変動を意識しすぎず、大きなトレンドを見ること

流動性が高く、なおかつトレンドが起きやすい通貨ペアを選ぶこと

Top