FXガイド.jp
dmm
トップページ » あなたのトレード方法 » スキャルピング編 | FX(外国為替取引)比較

「スキャルピング」:特徴と口座選びのポイント


スキャルピングの特徴とは?

スキャルピングは、“一定期間にわたり一定方向に進んでいく”という相場の習性を利用して、

数秒~数分という極めて短い時間での取引を1日に何度も繰り返す手法。

チャートと睨めっこしながら瞬時の判断で売買を重ねていきます。

この手法には、

1回の取引で得られる利益が少ない」、

「(スキャルピングではハイレバレッジが基本のため)
ハイレバレッジ取引による損失リスクが高い」、

「売買を何度も繰り返すため取引コストがかさむ

といったデメリットが指摘できるでしょう。


ですが、その一方で

「(相場の習性を利用するため)利益を出しやすい

相場の動きが鈍い時にも利益を狙いに行ける

1日に何度も取引チャンスがある

相場の急変に巻き込まれにくい

など…メリットも豊富! そのため、幅広いFX投資家がこのスキャルピング取引に魅了されているのです。

スキャルピング向け業者と戦略


【スキャルピングをするなら、ここに注目して業者選びをしよう!】

操作性および約定力が高いこと

新規注文と決済注文が同時に出せること

スプレッドが狭いこと(取引コストを抑えられること)


【スキャルピング戦略】

・1回の取引で大きく稼ごうとしないこと

・手数料を抑えるため“スプレッドの狭い”業者・通貨ペアを選ぶこと

・瞬時に売買の決断をする必要があるため、集中力・判断力・決断力を磨くこと

・1日に何度も取引を繰返す必要があるため、時間にゆとりがない場合は避けること

・ロンドン市場、ニューヨーク市場といった相場が活気づくタイミングを利用すること

Top