FXガイド.jp
dmm
トップページ » 失敗の検証 » レバレッジをどう使うか | FX(外国為替取引)比較

レバレッジをどう使うか

レバレッジはFXでの要となる仕組みになります。FXで投資取引を始める際には、取引業者に証拠金を預けますが、FXではこの証拠金を担保にして信用取引をし、

小さな投資額でその何十倍、何百倍もの大きな取り引きを扱うことができるのです。

これにより、利益を増やすことができるのですが、これは同時に

損失も大きくしてしまう欠点

があります。 手持ちの資金が少ないときには、このレバレッジを大きくかけて資金を一気に増やしたくなるところですが、万が一の事も考えなくてはなりません。 投資とは利益を求めていくことですが、利益を求めようと動いていくと、

その動いた分だけ損失も大きくなっていくのが常

になっています。資金が少ないときに無理なレバレッジを使い、大きな損失を被ってしまったとしたら、もうFXそのものを行う事すらできなくなってしまうのです。 FXはギャンブルではなく、投資取引です。一回ごとの勝敗よりも、

トータルで利益を出すこと

が、向かうべき目標なのです。

冷静な取り引きを心がける

大きなレバレッジを使って取り引きをしていると、なかなか冷静な判断力を保つことができなくなります。

例えば1ドル150円の相場で、15万円の投資金を使ってドルを買うと考えます。レバレッジを使わない場合は1000ドルレバレッジを10倍にすると1万ドルが買えます。相場が動いて1ドル100円になったとしましょう。レバレッジ無しは5千円の損失になりますが、レバレッジ有りでは5万円もの損失になります。本来は、この時点で決済をして5万円の損失を抱えて取引終了とするのが最善ですが、これができる人はなかなかいないと思います。 こうした

冷静さの欠如、判断の鈍り

が、どんどんと損失を招いていってしまい、やがては取り返しのつかない損失になってしまうのです。 レバレッジを使う場合は、冷静な判断ができる範囲が望ましいでしょう。

自分の資金の額をしっかりと把握し、レバレッジを投資取引の度に調整していくのです。

余裕のない投資取引は心理的に圧迫されますし、自分が取引業者に預けている証拠金に対して、投資している通貨の評価損益のマイナスが大きくなり過ぎると、その時点で、

取引業者が強制的に決済をするロスカットという仕組み

もありますので、注意が必要です。

FXは長く続けて利益を出すもの

大きなレバレッジを使って、その都度の勝負での勝ち負けを考えていると、あっという間に自己資金が底を突いてしまいます。

FX取引の目標は、投資取引を長く繰り返して、利益を積み上げていくこと

にありますので、

眼の前の一回の取り引きに執着を持つ必要はない

のです。

例えば1年、3年、5年後といった長い期間を考えて、そこまでの間の利益率が上がっているのか、下がっているのか、という所で買ったのか負けたのかを判断していくのがFX取引であり、投資取引なのです。 こうした要因が強いために、1回ごとの勝負、利益に固執することもなく、したがって、

レバレッジに過度に頼る必要もない

のです。

Top