FXガイド.jp
dmm
トップページ » FX取引で必要なワザと知識 » FXと円高・円安 | FX(外国為替取引)比較

日本円の価値の変化とFXの関係


FXと円高・円安のメリット

いろいろなニュースなどで、円高、円安についてそのメリットとデメリットが開設されたりしていますが、FXの場合はどうなのでしょうか。 もちろん、FXはその名の通り外国為替証拠金取引ですので、こうした通貨の価値の変化はダイレクトに影響を受けます。 こうした円高や円安がもたらす影響は、社会一般としては好まざるものとして受け入れられがちですが、FXの場合は少し違います。

【円高の場合】

実は、円高であっても、円安であっても、FXではどちらでも利益を出すことが可能なのです。

例えば、1ドル100円だった相場に円高のムードが高まり、1ドルが80円にまで進んだとしましょう。輸出業などは、商品が売れなくなって大変なことになりますが、FXではドルの値段が安くなるのでとても買いやすくなり、1ドル100円の時に

1万ドル分買うためには100万円

のお金がかかりましたが、それを

80万円

で済ませることができ、

20万円分の得をすることができます。

【円安の場合】

逆に、1ドルが120円まで進んでしまったとしましょう。今度は円安ですので、輸入業は物を仕入れるのに高いお金が必要になり苦労することになりますが、

FXではドルが高く売れます。

1ドル100円の状態で1万ドルを仕入れ、投資資金として100万円がかかっていたとしても、円が安くなった事により、相対的にドルの価値が高まっているので、

このドルを売って円にかえることで、

120万円

を手に入れることができます。

これにより、20万円分の利益を掴むことができるのです。

為替変動のリスク

このように、円高では円高の、円安では円安のメリットがあるために、FXではこうした相場の動きはチャンスになることが多いのです。 ところが、

この逆の動きをしてしまうと損失が出てしまいますので注意が必要です。

先の例を取れば、円が高くなった時にドルを売る、円が安くなった時にドルを買う、という行為がこれに相当します。 もちろん、利益を求めて投資取引をしていると思いますので、初めからわかっていて、そんなことをする人はいないと思います。 しかし、例えば相場の動きを読み違えてしまい、

1ドル100円の相場が1ドル120円になると予想

をして、1万ドルを100万円で買っていた場合、

この相場が逆に動いて1ドル80円

になってしまうと、

20万円の損失

が出てしまいます。 こうした事で、思わぬ損失を抱えてしまうことがあるために、相場を予測する力は必要になり、また相場が大きく乱高下している場合には、充分な注意が必要になります。

勝負所とリスクは常に同じ場所にあります。

経験が浅く、また、相場の読みの情報が足りない

などで不安がある場合には、そうした場には

手を出さないのが無難でしょう。

逆に、経験も資金も分析も大丈夫であるのであれば、より大きな利益を掴むために勝負をすることは、投資取引の醍醐味でもあります。思いっきり楽しんでみましょう。

Top